紫外線量 季節の関係

紫外線の量、強さは気温が高くなる季節よりも一足速く

やってきます。


ですから紫外線対策は暑くなる夏からでは遅いことになります。

春はそんなに暑くはないので、ついつい、紫外線対策

忘れてがちですが、あなたが想像する以上に紫外線は強いのです。

紫外線対策は春から実施するようにしてください。


紫外線の強さは6、7月には冬の時期の約4倍以上になります。

そして、9月を過ぎると急激に紫外線の強さは弱まります。


特に4月から9月の晴れた日には短時間の外出でも

紫外線による日焼けに注意してください。


夏場(7月)の天気による紫外線量の違いは、曇りの日でも

晴れた日の6割以上、雨の日では、約2割の紫外線量

なっています。


ですから

夏場には曇りの日でも、紫外線には気をつけてください。



もし、紫外線によるシミ・ソバカスの被害にあった場合には

早めにお肌のお手入れをお忘れなく!


2週間のお試しサイズ「ナンバー1106アニバーサーリー」




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。