紫外線 の 影響

紫外線が原因で人体に与える被害として一般的なものに

シミ・シワ等があります。

しかし、紫外線が引き起こす影響やダメージはまだまだあるのです。

紫外線の一部であるUV-Aはお肌の色を黒くする日焼けをお越し

別の紫外線であるUV-Bは赤い水ぶくれを引き起こします。


もちろん、紫外線を浴びた後の被害状態には個人差はでますが

UV−AUV−Bもお肌の白さを鈍らせる要因になるのです。


紫外線を浴びれば浴びるほど、肌内部では老化現象が進むのです。


紫外線を長い間浴びていると出てくるとシミ・シワ・肌荒れ

吹き出物・ニキビなどの原因になりやすいです。


シミの原因としては紫外線を浴びることによりお肌の中の

メラノサイトが反応してメラニン色素が作られるためと

いわれています。



肌荒れの原因は紫外線がお肌の水分を奪いお肌のガード機能が

低下して、今まではガードできていたことに、対処できなくなり

チョットのことで肌荒れやかぶれなどの症状が起こるのです。


その結果お肌は外的からの自衛手段としてアナタのお肌の角質が

厚くなり、くすんだ状態のお肌へと変化していくのです。



シワの原因は紫外線がお肌の奥まで入り込むとお肌の張りの

源であるコラーゲンエラスチンにダメージを与えて

お肌の張りを失ってしまうからです。


ニキビの原因は日光を浴びたお肌は酸化を起こします。

酸化したお肌にはコメドなるものが生成されます。

このコメドが毛穴をふさぐとニキビができるといわれています。


紫外線の仕業としてUV-Aは、お肌の奥の真皮内に入り込み

ハリや弾力を担うコラーゲンエラスチンを破壊する

悪さをします。


UV-Bは主にお肌の表皮内で悪さをします。

お肌の生まれ変わりのサイクルを早めて角質を厚くしたり

メラノサイトを活性化させてシミを生み出したりします。


また、コラーゲンエラスチンを壊す酵素も生成させるので

シワをつくる原因にもなりやすいのです。


また、UV-Bに関しては、遺伝子レベルにまでダメージを

与える場合があるといわれてます。


遺伝子は度々傷つけられると健康な状態への修復が難しくなり

ゆくゆくは皮膚癌などの疾患に至ることもあるのです。


紫外線を甘く考えないように早いうちから紫外線対策

習慣付けておこなうことが将来のアナタのお肌と健康を

守るひとつの手段なのです。


セレブ御用達!マイクロコラーゲンが肌の奥まで浸透

お肌に柔軟性を与えるエラスチン

サロン御用達!ニキビ・敏感肌・基礎化粧品

紫外線を浴びると病気になる?

私たちの体は、細菌やウィルス・病気から体を守るための

免疫機能が備わっています。


この免疫機能が紫外線を浴びると働きが低下してしまうのです。

免疫機能の働きが低下すると、体調をくずしたり

風邪を引くなど、健康を損ねる原因にもなります。


人の肌の表皮には、免疫機能に欠かせない特殊な細胞が

点在しています。


これらの細胞は、表皮にいるため、紫外線の影響をまともに

受けやすい状態にあります。


紫外線によってこれらの細胞がダメージを受けると

身体はスムーズに防御体制を整えられなくなります。


免疫システム発動のメカニズムは

特殊な免疫細胞は、異物を発見するとリンパ節に移動して

全身の免疫系に異物の侵入を知らせ、免疫システムを

発動させます。


情報を受け取ったリンパ球は、身体から異物を排除しようと

働くのです。


ですから

紫外線を浴びてダメージを受けた肌は、免疫細胞の形は崩れ

数も減少してしまうのです。


それを防ぐために、外出時には日やけ止めが必需品になるのです。


日焼け止め化粧品サンスクリーンを塗って紫外線から

あなたのお肌をガードして下さい。

あなたのお肌を守るサンスクリーン乳液



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。